新築マンションの購入

新築マンション購入の注意

不動産の敷居が平らになる

購入するのが新築マンションならば、近隣住民との接し方で深く考えなくとも親睦を深められます。新築マンションに入居するということは、同様の事情を有する購入者が多く打ち解けることが可能です。地域の集まりは、不動産の所有者であればしばしば加入しなければなりません。多数の世帯が単一の建物で暮らす形式なら、互いに協力する姿勢が生活水準を高めます。すでに出来上がっている集団の一員になるべく手を尽くすよりも、不動産を初めて手にする人が集っているほうが状況を共有しやすいです。居住者どうしが一からコミュニティーを作り上げるきっかけになり得ます。

モデルルームの罠に注意!

新築マンションを購入する際は、モデルルームを見学して検討することになります。そのため不動産会社の方も、モデルルームを少しでもよく見せるよう、いろいろな手を使ってきます。素敵な家具や最新の電化製品につい惑わされてしまいますが、ここは冷静な判断が必要です。たとえば冷蔵庫を置くスペース。今使用中の古い冷蔵庫が十分納まるだけの幅があるのか。モデルルームでは部屋を広く見せるために、小さ目の冷蔵庫を設置している場合があるのです。小さ目の家具を特注で作らせることもあるのだとか。不動産会社にごまかされないよう、モデルルーム見学の際は巻き尺持参をおススメします。

↑PAGE TOP